総会にて正式に第96回年会長に選出

その他

8/5(水)開催の理事会にて選出されましたことを既に報告させて頂いておりましたが、2021年3月8日(月)に開催されました総会・学術評議員会にて、正式に第96回日本薬理学会年会長に選出されました。

千葉大学としては第60回(1987年)年会長の萩原彌四郎先生以来35年ぶり、薬理学教室としては第27回(1954年)年会長の第3代教授 小林龍男先生以来68年ぶりの開催となります。

第96回年会は2022年12月にパシフィコ横浜にて、第43回日本臨床薬理学会学術総会(会長:聖マ医大 松本直樹教授)との同時期開催となります。
臨床薬理学会との同時開催は、京都でのWCP2018以来となる2度目の開催です。

https://www.m.chiba-u.ac.jp/class/pharmacology/posts/news11.html

通常は3月(ないし4月)に開催する薬理学会年会ですが、3ヶ月前倒しで12月に開催するのは第43回(1969年)の上田重郎先生(大阪市大医学部)以来53年ぶりです。

果たしてどのような年会になるのか、歴史の証人として、多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

メニュー